w#102
dozaemon
ドザえもん

Acrylic difit photo
アクリルダイフィット加工の写真
20×20mm  2004  ed.9



DOZAEMON

This is an old Japanese slang expression that meansa drowned body
.
In this piece, DORAEMON, one of the most popular cartoon characters in Japan, is floating in a pond like a DOZAEMON.


DORAEMON answers any call for help and responds by giving whatever is needed to help.

He is , as it were, a symbol of materialism.





「ドザかドラか、それが問題だ」

 京都へ戻っていた私のところへ、学芸員の池田さんから電話があった。

「残念ながら、ドザえもんが盗まれました」と。

どう返事をしたのかは定かではないが、その日はなかなか元気が出なかったのを覚えている。

 一瞬、一度目の行方不明の時のように、善知鳥神社の寛大で心優しい方々の失笑にも似た笑顔に包まれ、

再び社務所内で眠っていることを願ったのだが...。

それは、展覧会会期前日のことであった。雨と風によって、ドザえもんと重りを繋いでいたピアノ線が切れたのだ。

搬入の日にも、雨と風のパワーによって、ドザえもんはアホみたいにくるくると回転していた。「これはマズい」とは思ったのだが...。

ドザえもんを池に浮かべる際、学芸員の池田さんに池に入ってもらったのはいいが、池田さんの体がズブズブと沈んでいくのを見て、

「生ドザえもん!」と心の中で叫び、その素晴しい芸術の出現に、助けようとさえ思わなかったのだが、

「アカデミックな美術研究一筋で歩んできた池田さんを、これ以上、現代美術のどろ沼に引きずり込んではいけない」という正義心が、

一応、私に助けるフリをさせたのであった。

不幸にも「生ドザえもんの誕生」とはならなかったわけだが、

それほど大変な搬入であり、くるくると回っているからといって、もう一度池に入ってもらうようには頼めなかった。

恐るべし、青森太古の沼(善知鳥神社のその池が、唯一、青森の原始形態を今に残すものである)である。

その第一回目の失踪を教訓とし、今度はワイヤーで繋ぐことにした。

これによって、ドザえもんは、青森太古の沼と一体と化し、よほど悪意が無い限り、その間は割くことが出来ない筈であった。

ところが、会期終了を目前に、ドザえもんは忽然と姿を消した。しかも、夜にである。

普通に考えれば、美術作品の紛失であるから、大変なことである。しかも、準備室といえど、美術館の企画展である。

そこで大騒ぎにならないところが、私もドザも成仏出来ないところではあるが...。

おそらく、盗人のみが、私の重要性と作品の価値を認め、

撤去前日に、河童伝説をものともせず、しかも自らがドザえもんとなる可能性をも顧みず、沼へと足を踏み入れたのである。

しかし、ただ一抹の不安がある。盗人は岡本光博の作品「ドザえもん」を盗んだのか、藤子・F・不二雄の「ドラえもん」を盗んだのか、ということである。


                      カタログ:青森県立美術館準備室「キッズ・アートワルド・あおもり2000」より