W138 BATTA mon CL
haute couture edition number 3 / 9
2011
420×200×170mm








w#93 BATTA mon LV  2007
w#95 BATTA mon CL  2007
w#104 BATTA mon LV M Mc  2008
w#108 BATTA mon LV M De  2009
w#109 BATTA mon LV M Mr  2009
w#110 BATTA mon LV Da  2009
w#111 BATTA mon GC  2009
w#112 BATTA mon CC  2010
w#113 BATTA mon FD  2010



There are so many “fake” things in our daily life.
The form of grasshopper has been made of BRAND BAGs.
The Japanese word of “BATTA (grasshopper) mon” makes sense of fake or copy piece of high-class brand product.





神戸ファッション美術館「ファッション綺譚」展での’バッタもん’インスタレーション(写真提供:同美術館)。
一着数千万円のドレスが山積している横で、’バッタもん’が豪華に一体一体ガラスケースに納められた展示。
ルイ・ヴィトン社の要望に神戸市が従う形で、展覧会会期の半分にも満たない5月7日の夜に’バッタもん’は撤去されました。

一企業の商品イメージ文化・美術表現よりも最優先される現状は許されるのでしょうか?
美術作品営利目的のコピー商品同じものでしょうか?
美術作品には様々な解釈や見方があります。ある見方だけを強く主張することによって、文化破壊をしていませんか?

2010 5/8




reference ArtAsiaPacific Issue #70 September/October 2010
'Louis Vuitton’s Discriminating Support for Contemporary Art' by Irina Makarova


 「月刊あいだ」173号 2010年6月20日号 福住廉さん
[緊急レポート]民間企業による新たな検閲――ルイ・ヴィトンが引き起こした作品撤去事件のレポート









「BATTA MON returns」展

岡本光博展 BATTAMON returns
キュレーター:工藤健志(学芸員)
日時:2010年 11月6日(土)から27日(土)
会場:CAS


title: BATTAMON returns
artist:OKAMOTO Mitsuhiro 
curator:KUDO Takeshi
place: CAS, OSAKA JAPAN
date:Nov 6 to 27 th, 2010




「BATTA MON returns」展展示風景 CAS(大阪)


BATTA MON returns 展 について

ルイ・ヴィトン社から私個人に対して「一般の目に触れぬように厳重なる処置をせよ、さもなくば法的手段・・・」という
警告を受けた状態での「バッタもん」再展示でしたが、訴えられることも、展示中止になることも無く、会期を無事終了
することが出来ました。関係者の皆様には改めて御礼を申し上げます。

結果的に、ルイ・ヴィトン社は作品「バッタもん」再展示を認識した上で(注)、
警告文にあるような法的手段を講じることはありませんでした。

この事にはとても大きな意味があります。

これからも新たな展開も含めて作品「バッタもん」は飛び続けます。



注・・・展覧会前にルイ・ヴィトン社ジャパンCEO宛に案内状を郵送。また展覧会開始直前にルイ・ヴィトン社から
「話し合い」のお誘いを受け、公開トークの場を提案するが、その後連絡は途絶える。

2011 1/3



岡本光博展 BATTA MON forerver



2011年 4月17日(日)から5月1日(日)
11:00から18:00


GALLERY CN

神奈川県藤沢市南藤沢7-6 クレスト藤沢206
TEL&FAX:0466-27-1199

オープニング 4月16日(土) 18:00から

DM design by 773








プロジェクト
バッタもんのバッタもん
project
Batta mon's Batta mon