------------
These are a series of minimal art depiction about product packagings of convenience foods and snacks,
which are used traditional Japanese colour scheme, such as the tricolor curtain in a Kabuki theater.

“Coffee Break” 008, Weekly “Shukan Kinyobi” 3rd March 2006


歌舞伎の定式幕など日本の伝統的な配色が使用された"インスタント食品"商品パッケージを、
アメリカ美術史上のミニマル・アート的に絵画化した作品群。

(週刊金曜日2006年3月3日号より 連載「珈琲破壊」008  一部改)




FG # 220
Japanese Minimal Painting 7

Acrylic on canvas
キャンバスにアクリル絵具
1240×730mm   1997


Reference materials:
Dydo drinco, Inc. “Dido Blend Coffee”

参考資料:
ダイドードリンコ株式会社
「ダイドーブレンドコーヒー」
FG # 148
Japanese Minimal Painting 1

Acrylic on canvas
キャンバスにアクリル絵具
1250×830mm   1996


Reference materials
Nagatanien Co., Ltd.
“Ochazuke Nori”

参考資料:
株式会社永谷園
「お茶づけ海苔」
FG # 167
Japanese Minimal Painting 3

Acrylic on canvas
キャンバスにアクリル絵具
1250×830mm   1996


Reference materials
Masuya Co., Ltd
“Onigiri Senbei”

参考資料:
株式会社マスヤ
「おにぎりせんべい」


“The Copy Age” in 2004, at The Museum of Modern Art, Shiga, curator Sachiko Ozaki suggested to show the the source of materials, therefore I exhibited these paintings with the original products.

2004年の滋賀県立近代美術館「コピーの時代」展では、キュレーター尾崎佐智子さんの提案を受けて、引用元の商品を併せて展示した。